Press "Enter" to skip to content

ぶっちゃけ、お歳暮でお肉をもらった人の本音とは?

お歳暮でお肉を贈ろうとしたときに、一度考えておきたいのが相手の本音。

実際にお歳暮でお肉ギフトをもらった方はどんな風に感じたのかを知ることで、より相手にとって喜ばれる商品選びにもつながります。

ここではそんな本音と共にちょっとした対処法もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

■お歳暮でお肉をもらった人の本音をまとめてみました■

【良い声】

○ステーキ肉やすき焼き肉をもらったけど、美味しく食べるレシピが知りたい

こちらは普段料理をあまりしない一人暮らしのビジネスマンなどに多かった意見ですが、どうやって食べるが最適かということですね。

通販サイトによってはレシピを同封してくれるところもありますが、そうでない場合は一言添えたメモを一緒に贈るのがより親切かもしれません。

ステーキ肉であれば焼き方のコツなどを書いてあげると嬉しいと思いますよ。

○大量の安いお肉より質の良いブランド牛を少量いただきたい

お肉ギフトは人気が高まってきている商品ですが、正直量はそんなにいらないかなといった声も挙がっています。

やはり少量でも普段食べないようなブランド牛は贈られる側からしてもサプライズ的な喜びがあるようです。

○冷凍されている肉の解凍方法を知りたい

大半の人が正しいお肉の解凍方法を知りません。

相手にネットなどで調べさせるのも申し訳ないですから、あらかじめ一言添えたメモを同封するのがいいでしょうね。

【ちょっと困ったという声】

○冷蔵庫の中に入らない/日持ちしない

なかなか相手の冷蔵庫の状況までを知るのは困難、そんな時は保存の必要がない牛肉ギフト券などを贈るのがベストです。

これなら相手が都合に合わせて商品を取り寄せられますので親切でもありますね。

○お肉の保存方法が分からない

普段あまり自分で買い物をしない人だと、生鮮食品をどうやって保存するのがベストか分からないようです。

冷蔵なのか冷凍なのかによっても違いますが、最適な保存方法をあらかじめ教えてあげるのもひとつの手。

その際に参考にしてもらいたいのがこちら:ぶっちゃけ、お歳暮でお肉をもらった人の本音とは?

これまでに見てきたものをまとめると、貰った側からの意見として「量」と「保存方法」に引っかかる人が多いようです。

人ひとりあたりのお肉の適切量
成人男性 150g~200g
女性   100g~150g
お子さん 50g~100g
※1人あたり

大体お肉はどんな部位でも成人男性であれば1人前150g~200g、女性であれば150g程度。

小さいお子さんであれば100gといったのが目安となります。

これを参考になるべく人数分で量を揃えて、長期保存の心配が要らない量を贈るのがより親切なやり方といえるでしょう。