[04-Dec-2018 02:42:28 UTC] PHP Fatal error: Call to undefined function add_action() in /home/m050c294/public_html/zillastreeteats.com/wp-content/themes/cele/inc/customizer.php on line 4 お歳暮を贈るとき相手の状況によってお肉は控えるべき? – お歳暮にはお肉!口コミ評価が高い松阪牛のお歳暮5選 Press "Enter" to skip to content

お歳暮を贈るとき相手の状況によってお肉は控えるべき?

お歳暮などに贈ることが多いグルメギフトは食品ですから、相手の健康状態によっては控えるべきものもあるかもしれません。

そうした際にお肉のギフトというのはどういった意味合いを持っているのかを知っておく必要があります。

また、相手の体調だけでなく喪中の時期なども社会人からすると配慮したい部分です。

ここではお歳暮に関して喪中は適用されるのかどうかもご紹介していきたいと思います。

■お歳暮を送りたい人が喪中でもお肉を送っても問題無いのか?■

お歳暮を贈る際に相手が喪中と知っていたとしたら控えるべきかどうか。

答えとしては「贈っても礼儀・形式としては問題ない」ということです。

結婚祝いや年始の挨拶はいわゆる「お祝いごと・慶事の挨拶」になりますが、お歳暮に関しては「日ごろの感謝を伝える」という意味合いですので失礼には当たりません。

このため喪中の相手でもお歳暮を贈っても問題はありませんが、やはり相手の状況次第といったところです。

相手に不幸があった時期が年末に近いのであれば、少し時間を置いた方が相手にとっても気が楽かもしれませんのでその点は間柄によって考慮しましょう。

■糖尿病の方にお肉を送っても問題無い?■

糖尿病を患っている方に牛肉を贈っても問題はないかといいますと、相手の症状にもよりますが概ね問題はないといえます。

ただし、重度の症状の方には脂身や糖質が身体の健康に影響を及ぼす可能性がありますので気をつけてもらいたいと思います。

どうしても相手の家族も含めて感謝を伝えたく牛肉ギフトを贈る際には一言声を掛けるか、体調について伺うのがベストです。

サプライズで、といったこだわりはこの場合必要ありませんのでちゃんと確認することをオススメします。

■赤肉や加工肉を食べると癌になりやすい?送るのを控えるべき?■

WHOや日本における国立がん研究センターにおいては肉食とがんの関係性についていくつかの説を発表していますが、現在のところ「赤肉および加工食を食べることによる発がんリスクの向上」というのは明確な関連性が紐付けされていません。

そのため、バランスの良い食生活の中であればお肉を摂取し続けても身体に対する健康被害はないということになります。

どんな食材でもそうですが、基本的には過度の摂取は体内バランスを崩しますから控えたほうが良いとされています。

その中で特別、牛肉だけが悪いということはありませんのでご安心ください。