Press "Enter" to skip to content

なぜ?いつ?誰に?お歳暮に関する情報・番外編

お歳暮を贈るというのはそもそもどういった意味を持っているのか詳しく知っていますでしょうか。

もともとその起源は江戸時代にまで遡りますが、その意味は概ね現代の風習と同じような形となっています。

ただし、贈る相手の幅が広がってきているというのがお歳暮の特徴。

また、贈るのに適した時期も時代によって変わってきています。

■なぜお歳暮を贈るのか■

お歳暮はもともと長屋に住む町人が大家さんに対して日頃の感謝を伝える際に進物を渡したり、商人が取引先を相手に商品を贈ったりしていたものが起源です。

その頃に毎年の盆と暮れに渡していた進物を総称してお歳暮と呼びます。

そのため、現代においては「お世話になった人に一年の感謝を伝えるもの」として取り扱われています。

■お歳暮はいつ贈るのか■

現代においてお歳暮はその名前の通り「歳=年の暮れ」に贈るものとして認知されています。

旧来では12月の13日から20日までの間に贈るのが一般的とされていましたが、最近ではこういった決まりはあまり見られず11月の下旬から年末にかけて贈る品物を合わせてお歳暮と呼ぶようになっています。

そのため、明確な日程はなく「相手のスケジュールに合わせて贈るのが礼儀である」とされています。

■誰に送るのか■

近年では日頃社会的にお世話になっている人に贈ることが通例となってきているお歳暮。

代表的な相手でいいますと、重要な取引先や会社の直属の上司などが挙げられます。

また、家族や結婚相手の親族などに贈るケースも多く、場合によっては知人などに贈る人もいます。

これは忙しい現代社会人においては一年の終わりにまとめて日頃の感謝と挨拶をするといった意味合いが強くなっているようです。

■主にどんなものを送るのか■

もともとが進物だったため、お肉やお魚といった生鮮食品を贈ることが定番とされています。

また、日持ちがするように洗剤やタオルといった日用品を贈るケースもあります。

基本的には相手が喜んでもらえればいいのですが、いくつか贈りものには不適切なものもありますので注意が必要です。

■マナー違反?お歳暮を贈るときのマナーとは■

○足元・服を連想させるものはNG

靴下や服といった商品は「相手を踏みつける、また相手の格好がみずぼらしいために贈る」という意味合いが出てきてしまうので贈り物には不適切とされています。

○お歳暮を贈る時期についてのマナー

相手のスケジュールに合わせた方がいいとされるお歳暮。

ただこれが11月中旬などの早い時期になるとなんの贈り物か分からなくなってしまいますが、基本的には12月中であれば問題はありません。

もし12月を過ぎてしまうようであればお年賀、もしくは寒中見舞いとして贈るようにしましょう。

こうすれば特にマナーとして問題はありませんので、礼儀を欠くことにもなりません。